会社を設立するときに必要になるのが、定款の作成です。

定款とは、経営と運営上の基本的な決まりのことをいい、会社の設立には必ず必要となる書類です。定款は紙だけでなくPDFでの作成も認められていて、これを電子定款といいます。電子定款の認証を受けるためには、代表者が作ったものだと証明しなければなりません。そのため、役所に提出する際の承認プロセスとして、電子証明書が必要になります。これまでは住民基本台帳カードが使われていましたが、現在ではマイナンバーカードが利用されています。

マイナンバーが書かれた紙ではなく、ICカードを使用します。マイナンバーカードには電子証明書が標準で搭載されていて、利用をするときはカードと印鑑を持参して、住民票の住所に記載された自治体の窓口へ行きます。カードを読み込むためには、ICカード対応のリーダライタが必要です。どれでもいいというわけではなく、マイナンバーに対応しているものでなければいけないので、気をつけなければいけません。定款作りのプロセスは紙と同じで、商号や事業の目的などの絶対的記載事項と、取締役会の設置など記載すれば効力が発揮できる相対的記載事項があります。

定款ができあがったら、それを電子定款にします。電子化するには多少手間がかかるので、間違いがないかを事前に公証役場に確認しておきます。電子署名を入れるためには、ソフトウェアが必要になります。電子署名とは代表者のサインと、電子版の印鑑のことです。法務省の申請用ソフトウェアとPDFのプラグインのダウンロードを行います。その後、電子証明書を利用するためのソフトウェアをダウンロードします。パソコンに繋いだリーダライタで、電子証明書入りのマイナンバーカードを読み込みます。このとき、マイナンバーカードの暗証番号と電子証明書のパスワードが必要となります。きちんと電子署名が入れば、電子定款のできあがりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *