会社を設立する際には、必ず定款を作成する必要がありますが、実はこの定款の作成方法には2種類あって、従来からある紙で作成する方法と、近年新しくできた電子データで作成する電子定款というものがあります。

どちらの方法で作っても会社設立には何ら影響するものではありませんが、電子定款の方が設立費用を4万円ほど安くできるというメリットがあります。なぜ電子定款の方が4万円も設立費用が安くなるのかというと、収入印紙代が不要になるからに他なりません。紙で作る定款には収入印紙を貼らなければならず、その額が4万円というわけです。紙と電子でこんな違いが出るのは理不尽で馬鹿馬鹿しいとしか言えませんが、これはそういう規則になっているのでどうしようもないです。

では電子データで作った方が圧倒的に有利ではないかと普通の人は考えるでしょうが、事はそう単純ではありません。電子で作る場合は、いろいろと事前に揃えなければいけないものがあるからです。電子定款を作る際に事前に準備しなければならないもので一番やっかいなのがPDF作成ソフトでしょう。この作成ソフトは2~3万円くらいするのが相場で、現在のところは無料ソフトでは対応できません。

この他にもICカードリーダライタなどが必要になり、これらを揃えると収入印紙代に迫る金額になってしまうこともあります。しかし、たった1回の会社設立のためにこんな機器を購入するのはもったいないので、現実的には電子定款作成に対応した専門家に依頼するのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *