電子定款とは定款を電子データで作成したものです。

書類で作成したときには認証してもらう手続きのときに4万円の印紙代がかかりますが、電子定款で作成するとこの印紙代が不要になる分だけ得になります。ただし、電子定款を作成するための道具を用意する必要があるので、全く道具が揃っていない状況で自分で全て手続きを進めようとすると、およそ4万円ぐらいの出費が生じるので無意味になってしまうため注意が必要です。ワープロソフトなどで定款を作ってから特定のファイル形式に変換する必要がありますが、このファイル形式のデータであれば何でも良い訳ではありません。

ファイルが正当なものであることを示すために電子署名を施す必要があり、電子署名に対応するのが有償版のソフトだけとなっています。この変換ソフトだけでも買うとなると3万円を超える出費になってしまうのです。署名をするためにはマイナンバーカードのICチップに格納されている電子証明書を利用するようになっているのですが読み込むためにはICカードリーダライタを購入する必要があります。

ICカードリーダライタは比較的安いもの場合は、およそ2000円ぐらいですが、マイナンバーカードを読み込むことが出来ることを確認して購入することが必要です。こういった出費があることを考慮すると、司法書め士などに依頼して代行してもらうのが、おすすめになります。料金は電子定款を作成する業務であれば4万円かかることはほとんどないためコスト削減の有効な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *