電子定款は、会社の定款を電子媒体で作成したものです。

定款作成に印紙代がかからなくなります。印紙代は通常4万円かかりますが、紙ではない電子定款は課税文書にあたらないためかかりません。そのため、作成環境が整っている人であれば4万円を浮かせることが可能です。環境が整っていない場合は、必要機材を買うのにお金がかかるので、あまり差がなくなります。ICカードリーダライタは数千円で買えるのでさほど問題ないですが、PDF作成の有料ソフトが3万5千円くらいです。

つまり、紙で作るのとコスト的に大差がなくなります。電子定款の作成代行を利用すれば、それでもコスト削減は可能です。代行御者は電子定款を使って作ってくれますので、実費の負担がその分なくなります。また、料金も1万円前後で代行してくれるところがありますので、それを遣えば4万円全部浮くわけではありませんが、自分で機材を購入して作成するよりは安くなるわけです。

代行業者がどこまでやってくれるかはいくつかのプランを用意していることがあります。定款の作成。認証のみの場合もあれば、登記申請書類の作成と申請手続きの代行までをしてくれるケースもあります。選べる場合は自分でやることが多くなる方が安くなりますが、手間をかけたくない場合はすべて任せてしまった方が楽です。登記は司法書士か弁護士しか代理ができませんが、行政書士等がやっている時でも提携してやっていることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *